Skip Navigate Section

Contents

ライダー(マシン)は必ず甦る!

事故って廃車にしてから3年と半年。

新車を購入し、ライダー復活!!
新たな相棒はWR250X 07ヤマハブラック。

Raiver_01

先代マシン、KLE250はオールマイティーでいいバイクであった。

が、それ故に物足りないと感じるようになり、
次はもっとスポーツ性能が高いバイクにしようと決めていた。

購入にあたっての条件は、

一、仮面ライダーっぽいやつ
一、5月時点で現金一括で買える新車で最も高性能


もう、WR250Xしかなかった。
モタードよりオフの方が好きなのだが、Rは足が着かない。
色は、jiskaのパーソナルカラーが青なのでヤマハブラックで決まり。

名は“雷馬(ライバー)”とした。
Raiver_02


期待通り、面白い!
流石は同クラス市販車最強スペック・最高価格を誇るだけはある。
最高出力:23kW(31PS)/10,000r/min
最大トルク:24N・m(2.4kgf・m)/8,000r/min

友人のKLXに何度も乗らせてもらった事があるが、
レスポンスよく軽く回るエンジンで、足回りもしっかりしていて速かった。
が、軽すぎるのが気になった。手応えが薄い、というのか。
軽い割りに100km/h以上は気持ちよく回っていかない。

その点、WRは芯のある感じで、力強く回っていく。
今はナラシの為に、なるべく回転数を抑えて走っているが、
感覚だけで走っていると、知らぬ間に速度が上がっている。

ムリなく回っている証拠だ。
6速は70km/hからギヤが合うのだが、
そのあたりで乗っているとエンジンが
「もっと俺を回せ!!!」
Raiver_06
と欲求不満を訴えてくる。

たまらない。回したい。
だが、まだ我慢だ。エンジンの為に。

エキゾーストノートも一段低く、太く、獰猛さが含まれている。
単気筒にありがちな薄っぺらい印象は無い。
Raiver_09

足回りも、KLXがふにゃけてると感じるくらい。
これは、ノーマルセッティングが硬めにしているのもあるが、
マスを集中させた車体構成によるところも大きい。
小粒なカタマリ感があり、それがサスによって軽快に動く。
大げさでなく、飛ぶ様に走るマシンである。
Raiver_26
Raiver_29
Raiver_30
Raiver_27
Raiver_33

パターンは市販と同一だが、実は専用に開発されたタイヤもポイントだ。
しかも、スポークタイヤにハイグリップタイヤは初めての試みだという。
そもそも、スーパーモタード自体がヤマハ初なのだが。
Raiver_05
Raiver_08

開発陣はWR250F(競技用モデル)の市販車を作れ!
と言われたという。
ハイスペックモデルを作る場合はライバルを想定するものだが、
それをDR-Z400にしたとも聞く。

GSX-750Rをリッターキラーと呼ぶが、
こいつは400キラーだ。
直線加速は適わないかも知れないが、
ワインディングならば、アルミフレームが本領を発揮するだろう。
前後ショックもワンランク上のクオリティだし、
ちょっと荒れた路面などでは敵無しと思われる。
オフにおけるYZF-R1とは、大袈裟ではない。

デザインも流石はヤマハ。
グラマラスなシュラウドに、切れ上がったテール。
Raiver_14
Raiver_19
Raiver_21
バッタの様な、小型肉食恐竜の様な俊敏さを感じさせる。

パッと見、他車とあまり変わらないかと思われる部分も
よく見ると細かいところまでよく造り込まれ、かつ上質である。
Raiver_10
Raiver_12
Raiver_13
Raiver_15
Raiver_16
Raiver_17
Raiver_23
Raiver_28
Raiver_31
Raiver_32
Raiver_22

ハザード装備というのも、気が利いている。
Raiver_25

同クラスのマシンが50万円代に比べて70万余と破格だし、
この御時世にハイオク指定と財布泣かせだが、
Raiver_34

勝ちたい奴、愉しみたい奴は、買え!!
スポンサーサイト

発言

この記事へ物申す
首領のみに届ける

接続を打診

トラックバックURLはこちら
http://syuryo.blog12.fc2.com/tb.php/59-3624ee36